金利上昇

大きな金額を借り入れて行う不動産投資には、どのようなリスクがあるのでしょうか?
まず真っ先に考えられるのは、金利が上昇するというリスクです。

金利が上昇した場合、私たちの住宅ローンや不動産投資に、どのような影響が出るのでしょうか?
金利が上昇すれば、変動金利で借り入れている月々の返済額は増え、キャッシュフローが底をつくことはすぐに予想できます。

しかし、それは必ずしも不動産投資家にとって脅威なのでしょうか?
実は、金利上昇には、過熱気味の景気を落ち着かせる効用のある良い金利上昇と、通貨や財政状況の不信任に起因する悪い金利上昇があります。

ですが金利上昇は不動産投資家にとっても歓迎できるものとなる場合もあります。

何らかの影響で日本経済の長い冬が終わり、好景気の春が訪れた場合、株価は上がり、これに追従して不動産価格も上がります。
日本銀行からすれば、流動性の罠にはまっているとまで言われているゼロ金利の恒久化は避けたいところで、景気の回復が浸透してくれば、金利を上げて正常な経済状況に戻したいと考えるでしょう。

しかし、そうなれば、不動産投資家の月々の支払いは増えてしまいます。

ですが、よく考えてみると、これはそこまで大きな問題ではないのです。
世の中は悲願の金利上昇を果たせるほどの好景気なのです。
ということは、景気の悪い時期に購入した不動産は、そのときには高く売れる可能性が高いのです。

返信する